自然の猛威には人の力では抗えません。

自然の猛威には人の力では抗えません。こうした甚大な自然災害が発生すると、ダムの必要や公共工事の加速化を促す声が、政府内から沸き起こっています。人口減少や高齢化社会に見合う政策とは何かを思うと、迅速な避難体制、避難の心づもり、誰がどう声を掛け合って、どういう手段でどこに避難するか、避難所の受け入れ態勢は、いつの段階で、誰が担当し、その準備を常に意識していること、避難所ではなく自宅で待機する場合の支援方法を、誰が何をどう行動するか・・こうした人の動きを入念に備えておくことで、命の危機を避けることができます。
東日本大地震の津波被害が再び襲うかのような、水の恐怖を思い知ることとなりました。果たして我が街で発生した際の備えは?しっかり号令かけて我がこととして組み直してくださいね。清水市長さん!